4つのRとは

今世の中では、廃棄物の再資源化が当たり前の傾向にあります。中でも4Rという言葉は世界的に注目されております。

ゴミの削減やエネルギーの削減といった意味であり、電気を作り出すためにソーラーを使ったり、エコカーなどの使用によって燃料の低減化、二酸化炭素の低減化することなどがそれに当たります。

何度も使うという意味であり、車や生活用品など、1度誰かが使用したものを綺麗にし再利用の商品にすることがそれに当たります。

紙・缶・瓶を回収しもう1度商品を作ったり、生ゴミを回収し、肥料を作り製品化するなどがそれに当たります。

資源や物に感謝をし大事にしようという意味であり、点検などまめに行うようにし、長く使えるようにすることがそれに当たります。

リサイクルのポイント

徹底したごみの分別を行いましょう。例えば、ダンボールをダンボールだけで処分すれば資源ごみですが、生ごみなどと混ぜてしまったら、それは可燃ごみとなり、リサイクル化する事ができなくなります。 ごみの分別をし処分するだけで、環境負荷の低減や、処理費の低減ができます。 進んでごみの分別を行うようにしましょう。