老朽化した管路施設を改築・修繕することをいい、近年、プラスチック系の材料を加工及び硬化させる非開削での更生技術が数多く開発されています。

非開削工法では掘削することなく施工するため、地上での負荷はもちろん、他の埋設物(ガス管や電話線など)へかかる負荷もなく、廃棄物も少なく施工を行えるメリットがあります。


オールライナー工法



オールライナー・オールライナーZ工法は、工場で含浸された更生材(不織布に樹脂を含浸させたものや、ガラス繊維マットに樹脂を含浸させたもの)を既設管渠内へ引き入れた後、更生材に水圧をかけ拡径し、水を加熱・循環させ樹脂を硬化形成させる事によって既設管渠内に新しい管渠を形成する非開削の工法です。

また、オールライナーZ工法は更生材にガラス繊維を配置させる事により物性を向上させており、より強度のある管渠を作り出す事ができます。 




サイドライナー工法




サイドライナー工法は、硬化性樹脂を含浸させたホースと形成用のホースからなるダブルホースを取付管内に反転挿入し、樹脂の硬化後、形成用ホースを撤去する事によって既設取付管に新しい管渠を形成する非開削の工法です。

詳しくは《管更生工事 ALL LINER》へ


ダンビー工法は既設管渠を非開削で効率的に更生する工法である。工法の概要を下記に示す。 まず、既設管渠内面上部にスペーサーを設置する。その後、硬質塩化ビニル製の帯板(ストリップ)をマンホールから既設管渠内に送り込み、管渠の内面にスパイラル状に巻き立てる。

次に、隣り合うストリップ間を接合用嵌合部材(ジョイナー)を使って嵌合し、連続した管体(ストリップ管)を形成する。最後に、ストリップ管と既設管渠との空隙に充填材を注入することで、既設管渠と更生部材とが一体となった更生管(複合管)となり、高い強度と水密性を発揮する。 

詳しくは《管更生工事 EX・ダンビー》へ

耐震一発君
『「耐震一発くん」は、更生管のマンホール接続部に、レベル2地震動による抜出し、突出し、屈曲等に対する耐震性能を付加するために、更生前にマンホール接続部をフレキシブルな構造に改造する非開削の耐震化工法です。 

施工は、専用の切削機によりマンホール壁厚内の既設管を地山に貫通させることなく切削除去した部分に、弾性と水密性を有した耐震ゴムリングを設置し、周囲空隙部に弾性湿潤エポキシ樹脂を充填してマンホール壁厚内に固定します。 上下流のマンホール接続部に本工法を施工した後、更生管を構築することにより、更生管とマンホール接続部の耐震化を可能とします。』

詳しくは《耐震一発君》へ(引用元)

耐震一発君
耐震一発君
耐震一発君

既設人孔耐震化工法は、専用の切削機により、マンホールの壁を管外周に沿って切削することで、マンホールと管の縁を切ります。切削した溝には土砂の流入を防止するバックアップ材、地下水の流入を防止するシーリング材を充填し、接続部の耐震化を行うものです。
 また、インバート部には、吸収ゴムブロックを設置することで、地震時に管がマンホール内に突き出しても、管口が破損することを防止します。

詳しくは《ガリガリ君》へ(引用元)

パッカー工法(Φ700mm以下の本管・取付管・副管内)


pakkar4-2

パッカー工法とは、管径Φ700mm以下の排管を管内から補修対象箇所に、注入用パッカーをテレビカメラを用いて誘導設置し、止水剤(材)を注入機器で填充しホモゲルにて凝固させ止水する。(図-1、図-2)

Y字管工法(人孔・管口)


yji

主に浸入水(浸入水跡も含む)を伴うマンホール(直壁目地・クラック)、本管管口部等を補修の対象とし、位置的には管口部、踊り場等である。工法は止水剤(材)を注入機械・機器で填充しホモゲルにて凝固させ止水する。(図-3、図-4)


MLR工法は、マンホールに強度と防食性を付与し、耐用年数を向上させる更生技術である。この工法は、マンホールの壁面の腐食により強度を失ったコンクリート部分を除去し、マンホールを更生する。 

詳しくは《人孔更生工事 MLR》へ

スクリーンショット 2014-10-09 10.04.55

クリアフロー工法は、高密度ポリエチレン製の帯板状であるライニング材背面に、直線部用補強鋼材(ストレートフレーム)とハンチ部用補強鋼材(ハンチフレーム)を装着した更生材( CFエレメント)とセメント系充てん材( CF充てん材)により複合管を築造する、大口径矩形きょの更生工法です。

本工法は、ライニング材背面に補強鋼材を装着させて一体化することにより管体強度の向上を図っています。また、下水供用下においても管路内に大きな機械を搬入することなく、施工ができる工法です。なお、本技術は2012年3月に建設技術審査証明書を取得しました。

詳しくは《クリアフロー工法》へ(引用元)


ツインドリル工法とは、2箇所同時に削孔し、大幅な作業工程の短縮を可能とし、直接手でもたないため安全で安定した削孔をすることが可能です。

詳しくは《ツインドリル工法》へ